急にお金が必要なときどうしますか?

急にお金が必要な時

急にお金が必要な時は、最初にモノを売ります

 

次に稼ぎます。

 

それでも足りないなら借金します。

 

それぞれやり方を説明しましょう。


目次

お金になりそうなもの売る

急にお金が必要な時は、お金になりそうなものをとにかく売ります。

 

手元にあるブランド品や貴金属、洋服や漫画、本などです。

 

不要と思われるものは全て売ります。

 

特に貴金属はすぐに現金に出来るのでお金にするのには一番いいです。

 

また、ブランド品もブランドのバッグなどだと、
プレミアム相場になっているものがあったりしますから、
これも高額で売却できて
急にお金が必要なときに約に立ちます。

 

本なども買取店や古本屋に持ち込んで
売ればそれなりの金額になります。

 

目次に戻る

ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトで即日ポイント換金できるところで稼ぎます。

 

即日でポイントに換金できるところを使うのが重要なところです。

 

スマホでもガラケーでもできる小遣い稼ぎです。

 

小遣いとはいっても、資料請求などだとポイントが大きいのでかなり稼げます。

 

とにかく片っ端から資料請求することです。

 

単価はそれほどでもないけれど
クリック広告でもポイントが稼げるところもいいですね。

 

スマホでゲームをやっている時間があるなら、
普段からポイントサイトで小遣い稼ぎしたほうがゼッタイいいです。

 

急にお金が必要なら、
貯まったポイントをその日のうちに

 

「交換・受取り」

 

ができるキャッシュモバイルなどがオススメです。

 

登録してから1日で1万円受け取ることだってできるのがポイントです。

 

換金したその日のうちに現金に交換できるのがなんといってもいいところです。

 

目次に戻る

日払いアルバイトで稼ぐ

急にお金が必要な時は、日払いアルバイトで稼ぐ方法もあります。

 

病気だったり健康に不安な人には、オススメできませんが。

 

体が健康ならすぐに雇ってくれるところはたくさんあります。

 

注意点は、働いたその日にお金がもらえる日払いバイトを選ぶことです。

 

なかには週払いというところもあるので、
急ぎで現金が必要なときには「日払い」のバイトを選びましょう。

 

1日働いてナンボみたいな日払いバイトはたくさんあるので迷うことはありません。

 

こういった日払いバイトは、
短期・単発アルバイト専門の

 

「ショットワークス」

 

で探してみればすぐに見つかります。

 

倉庫内の軽作業
イベントのお手伝い
チラシ配り
サンプリング
試食販売
デモ販売
引越し手伝い
事務所移転手伝い
携帯電話の販売
ネット回線のPR
AV・PC・家電販売
運送・ドライバー系
販売系
事務系
飲食・フード系
警備・セキュリティー系

スポーツ・レジャー・アミューズメント系
営業系
構内製造・組み立て・加工系
コンビニ系
コールセンター系
建築・土木・整備系
教師・講師・試験監督系
ホテル・旅行・リゾート系
クリエイティブ系
キャンペーン・PR系
アパレル・ファッション系
調査・アンケート・モニター系
清掃・保守・点検系
医療・介護・薬剤系
理美容系
IT・コンピュータ系

 

などの中から日払いのものを選んでみましょう。

 

日払いの他には、週払いがあるので
急にお金が必要なら日払いから選びましょう。

 

その他の条件として、

 

面接なし
土日祝日のみ
高校生歓迎

 

というものもあります。

 

時給1,200円以上
日給10,000円以上

 

といったこだわりの条件でもさがせるのでかなりオススメです。

 

性別・年齢に関係なく
とにかく急にお金が必要なとき
現金を手にするために稼げると思います。

 

目次に戻る

お金を借りる

急にお金が必要なときどうしますか

お金が今すぐ必要な場合、両親や兄弟から借りることを最初に考えてみます。

 

親兄弟は、切っても切れない関係ですから相談しやすいです。

 

でも、親兄弟と仲が悪いとこの方法はムリですね。

 

普段から仲良くしておくことが大切です。

 

親兄弟がムリなら、友人や知人からお金を借りることを考えてみましょう。

 

友人・知人は後々のこともあるので人間関係のことも考えてから相談することをオススメします。

 

親兄弟とは離れて暮らしている方も多いですから、この場合致し方なく消費者金融からお金を借りる事になります。

 

友人からお金を借りると言うのも一つの手段ですが、友人関係にひびが入る、恐れがあるので余り友人同士でのお金のやりとりは好ましくありません。

 

その為、消費者金融を指名したのです。お金を借りるのにも順番があり、友人からの借金は一番後ろに位置しています。

 

目次に戻る

消費者金融から借りる

消費者金融は未成年と専業主婦は利用できません。

 

専業主婦の人は、銀行系カードローンで借りましょう。

 

友人はかけがえのない存在です。

 

もしあなたがどうしても急な出費で3万円必要なのでお金貸してくれないかなあ?と言えば貸してくれる可能性はかなり高いと思います。

 

消費者金融から借りる

ここは重要なポイントです。

 

一歩間違えればその親友との関係は破綻(はたん)します。

 

目次に戻る

友人関係とお金の関係

破綻(はたん)する理由は説明するまでも無いと思いますが、借りたお金を返済しなかった時です。

 

お互いいい大人ですから、貸した側の友人は手切れ金と考えます。

 

もうこのお金は返って来なくて良い。

 

しかし、その友達との関係も終わりと言う事です。

 

これはかなり痛いですね。

 

その為、お金が必要な時は自分で作ると言う考え方を持たなければいけません。

 

自分でお金を作るとはストレートに書くと消費者金融等からお金を借りることです。

 

目次に戻る

親兄弟姉妹から借りる

勿論優先順位としては身内が先です。

 

どうにもならなくなった時です。

 

親兄弟姉妹から借りる

専業主婦の方は消費者金融からお金を借りる事が出来ないので、銀行系カードローンで借りましょう。

 

今はWEB申込みで30分前後で、審査の結果が出ます。

 

特に問題の無い人であれば大抵の場合はお金を借りる事が出来ます。

 

消費者金融は貴方に取って助っ人ですがここは返済日に確実に返済する必要があります。

 

返済を延滞(えんたい)したりすると、信用情報に傷がつきます。

 

専業主婦は消費者金融から総量規制の関係で現在借入は出来ません。

 

目次に戻る

まとめ

@モノを売ってお金にする
Aお金を稼ぐ
Bお金を借りる

 

目次に戻る